過去にたまった感情があふれ出るのは安心感が増した証拠です

長年辛くても我慢して頑張ってきた…

最近そういうのにいい加減疲れてきたから
もう頑張るのを辞めたらとたにん感情があふれてきた…

 

あなたはそんな経験ないでしょうか?

 

しんどいのを我慢して頑張り続ける…

そうすると疲れたとか苦しいとかいう感情が
段々と麻痺してきます。

 

でも何かのキッカケでそんな生活を辞めると
段々と麻痺がなくなってきます。

すると今まで我慢して感じなかったしんどいとか
辛いとかいう感情を感じられるようになってくるのです。

 

これは安心した環境に自分がいることに気がつくと
起きると言われていますね。

安心感があればあるほど感情のあふれでる度合いは
強いように感じます。

 

「え?そんなに出ちゃって大丈夫なの??」

 

自分でも引くくらい出ちゃう時もありますよ。

 

私もカウンセリングをしている時にいつの間にか
段々と涙が出てきて号泣したこともあります。

自分でもそんなに号泣した記憶がなかったので
よっぽど安心していたんだなと思いました。

 

でも号泣したあとはとても体と心が軽かったのを
記憶していますよ。

 

泣くというのは自己肯定したときしか起こらない
ので泣いた後はスッキリすることが多いのですね。

ですから感情があふれ出すのは安心した環境に
いるという証です。

 

ぜひその安心した環境で今まで心の奥にしまって
いた感情をはきだしましょう。

そうすると段々とスッキリしてくるので大丈夫です。
きっと前向きな気持ちになっていると思います。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。