理想を目指して頑張っているのが辛いときは自己否定しているから

理想目指して日々頑張っているけれど辛い…
何でこんなに辛いのか理由が分からない…

そんな気持ちを抱えていませんか?

 

理想って本来はワクワクしたり考えただけで
嬉しくなったりするものだと思います。

その理想になれるために頑張る…
結構楽しい作業になると思うのですが辛い…

 

おそらくそれは常に自己否定しているから
かもしれませんよ。

自己否定があるとどんなに頑張っても自分を
認められません。

 

例え成果があったとしてもこんなのまだまだだ…
もっとがんばらないとダメだ…

こんな感じで自分にムチ打ってしまいます。

 

そして他人から認められたりほめられても
気を使っているだけだ…

そんな感じで素直に受け取れなくなります。

 

こんなの辛いに決まってますよね。
やってて楽しくないし疲れるだけです。

今の自分も頑張ってる自分も成果を出した自分も
否定してたらそりゃ苦しいですよ。

 

やっぱり自己否定するよりも自己肯定するほうが
楽しいし疲れも少ないでしょう。

でも常に自己否定していた人にとって自己肯定することは
簡単に思えて結構難しいと思います。

 

他人からはいっけん変化が見えないですからね…

 

自分で自分の素直な気持ちに気がつく習慣を
身につけることが大事ですね。

そして日々のささいなことから肯定するように
気をつけてみる。

 

手始めに自分が出来たことを1日5個あげてみる
ことなんてしたらいいと思いますよ。

最初はなかなか見つからなかったり大きな成果しか
あげられなかったりするでしょう。

 

自己否定していると出来たことではなくて出来なかった
ことしか考えられなかったりしますからね。

でもそのうちに簡単に5個みつかるようになります。

 

5個どころか10個、20個みつかるようになると
思います。

そのうちに毎日が出来たことでいっぱいだということに
気がつくと思います。

 

そうしたらもう自己否定の習慣から自己肯定の習慣が
ついたという証拠ですね。

 

そのときのあなたの気持ちはどうですか?

きっと苦しいものではなくて楽しくてワクワクした
気持ちになってはいませんか。

 

そうすると理想を目指して頑張ることが辛くなく
なっていると思いますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。