セルフイメージが低いのは強烈な自己否定が隠れている場合があります

自分には何も能力がない…
自分は人から必ず嫌われる存在だ…

このようなことを根拠なく思い込むのは
セルフイメージが低い証拠です。

 

なぜ根拠がないのにこんな風に思うのでしょうか?

 

それは強烈な自己否定があるからです。

 

このような状態でセルフイメージを上げようと
思っても逆に落ちてしまうこともあります。

それは強烈な自己否定はすでに出来ていること
うまくいっていることを過小評価してしまうからです。

 

気がつかないうちにセルフイメージを下げる
習慣になってしまっているのです。

ですからこんな状態の時にはセルフイメージを上げようと
するのではなくて自分が自己否定しているのに気がつくことです。

 

そして自己否定するのをやわらげてあげるのです。

 

自分はじゅうぶんによくやっている…
辛いなか頑張ってきたんだよ…

そうやって自己否定を少しずつやわらげてあげると…

 

自分は出来る…
そんな風に心からエネルギーがわいてくるでしょう。

結果セルフイメージが上がってくることになります。

 

自己否定って結構強烈ですよ。

自己否定している言葉などを注意深く分析してみると
わかると思いますがひどいですね…

 

そういう私も自己否定しがちです。

 

私の場合は分析してみると

「なにそんなことも出来ないのか…バカ野郎!!クソ野郎!!」

そんな風にボロクソ自分に言っているのが分かりました。

 

これ他人に言っていたら完全にパワハラですよ…
でも自分には言っている人って結構いると思います。

なかなか無意識に習慣としてやっている場合が多いので
気がつくのってかなり大変だと思います。

 

でも注意深く自分を観察してみると分かりますよ。

最近私は強烈な自己否定をしているのにだんだんと
気がつくようになってきました。

 

そしてそんなときは自己否定をやわらげています。

すると自分の能力や出来ていることに目が向けられる
ようになってとても気持ちがいいです。

 

自分で自分を信頼出来るって感じですかね…
自信も生まれてくると思います。

 

自分には何も能力がない…
自分は人から必ず嫌われる存在だ…

あなたが根拠なくこのように思っている場合は
強烈な自己否定が隠れているかもしれません。

 

そんなときはじっくり自分と向き合う時間を
作ってみてはいかがでしょうか。

きっと楽になると思いますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。