HSP(敏感な人)がまわりの人のことを配慮が足りないと感じたとき

あなたはまわりの人が配慮が足りない…
なんであんなこと平気で出来るんだろう…

そう感じたことはありませんか?

 

HSPは相手の表情だったり言葉の節々から色々な情報を
感じとって配慮することが当たり前だと思っています。

するとそんな配慮が出来ない人のことを
配慮に欠けると思いがちです。

 

でも配慮するのにも個人差があると考えると
少し見方が変わるかもしれません。

HSPのような細かな配慮が出来る人のほうがとても
ハイレベルだと感じます。

 

非HSPにHSPの配慮を求めてもかなり難しいです。

 

生活していて色々なところで

「この人配慮が足りないな…」

そう感じたらこう考えてみてはいかがでしょうか。

 

そもそもやろうと思っても出来ないんじゃないか。

 

こう考えることでイライラやストレスがかなり
減ると思いますよ。

 

私もついまわりの人に自分が出来るんだから
出来るだろう…

そう考えてしまいがちです。

 

配慮が足りない人だなぁ…
そう思ってイライラしてしまうことも結構あります。

でも相手からしたらわざと人をイライラさせている訳
ではない場合も多いんですよね。

 

例えばあなたが何かを買おうと並んでいたとします。
すると何気なく割り込んできた人がいます。

「なんだ割り込んできて…ちゃんと並べよ…」

そう思いますよね。

 

でもね、あなたが並んでいるのに気がついていない
場合も結構多いんですよ。

 

ですからそういう時は私は

「私が先に並んでいたんですよ。」

そう穏やかに言うことにしています。

 

するとかなりの確率でただ気がついていないだけで
素直に聞き入れてくれることが多いです。

 

HSPのように細かな情報でたくさんのことを察知出来る
能力がそもそもない場合が多いです。

どちらが良くてどちらが悪いということではありません。
単純に違うというだけなのです。

 

身長や体重が人それぞれ違うのと一緒です。

 

まわりの人が配慮が足りない…
なんであんなこと平気で出来るんだろう…

そう思ったときには思い出してみてください。

 

そもそも出来ないんじゃないか。

 

この視点を持つことによってイライラがかなり減ると
思いますよ。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。