HSP(敏感な人)は自分を変えるのではなく自分に合うことを探す生き方へ

HSPは自分を押し殺して自分を環境に適応させようと
本当に頑張っていると思います。

あなたも現在そうかもしれません。
私も今までそうでした。

 

最近感じることがあります。

それは自分を変えるのではなく自分に合うことを
探す生き方へ変えた方が楽なのではないかということです。

 

それは約8か月前に自分がHSPだと知ってから
試行錯誤した結果思うことです。

今まで私は周囲の環境に自分を適応させることに
気を使い過ぎていました。

 

周囲に期待されては自分の状態を押し殺して
周囲の期待に答えるように頑張る…

でも限界だと気がつきました。

 

正直こんなんでよく頑張ってきたなと同時に
こんなことをしていたら心身がもたない…

そう心から実感しました。

 

あなたもそういう状態まで追い込まれている
かもしれません。

 

ある日行きつけの薬局で隣で薬を処方してもらっている
女性がしんどいながらに薬剤師に訴えていました。

「毎日毎日緊張で眠れないんです。でも明日会社に
行かないといけないからどうしようもないんです…」

 

あぁ、この人は本当に頑張っているんだな…

そして自分を押し殺して一生懸命環境に適応させようと
毎日頑張っているんだな…

 

とても他人事とは思えませんでした…

 

自分がHSPと知った当時はあれもこれも気になり過ぎて
なんでこんなに敏感なんだろう…

と嫌気を覚える時期も結構ありました。

 

でもだんだんとそういうものだからと自分を受け入れると
徐々にまわりに合う自分を作るから自分に合うことを探す…

そういった思考に変わってきました。
今は自分に合うことをゆっくりと探す毎日です。

 

そして今の自分なら自分らしく生きられる気がする…
そんな自分への安心感を感じられたりもするようになりました。

 

自分に合う生き方がまわりの期待とは正反対かもしれません。
でも自分が生き生きと生きられることが大事なのです。

 

もうまわりの目を気にしすぎるのは卒業しましょう。

 

もしあなたが自分を押し殺して自分を環境に適応させようと
本当に頑張っている…

現在そういう状況なら自分に合うことを探す生き方という
視点を持ってみてはいかがでしょうか。

 

そんな心の余裕はないかもしれません。
そんな時は結構危険なので休息が必要ですね。

仕事が大変だから…休めないし…
家族に迷惑がかかるから…

 

そう思うかもしれませんが1番大事なのは自分です。
自分を守るのは自分しかいません。

ぜひ自分の事としてこの記事を参考にしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。