自分の中の基準のものさしを上下から左右にすると劣等感がなくなる

誰でも自分の中の基準って持っていると思います。
○○が上で○○が下とか…

例えば仕事が早く出来る人が上で
遅い人が下など…

 

これって自分が仕事が早く出来るなら優越感を
感じることが出来ます。

そして仕事が遅い人を見下すことになります。

 

 

反対に自分が仕事が遅いと劣等感を感じます。

そして仕事が早い人をうらやましく思ったり
時には嫉妬したりします。

 

こういう気持ちの動きってとてもエネルギーを
使うのでかなり疲れると思います。

同時に自分が下にいる場合は自己肯定感が
極端に低くなってしまします。

 

自分を否定することになるからとても辛い
訳なんですね…

ではどうすればいいのでしょうか?

 

それは自分の中の基準のものさしを上下の縦から
左右の横にたおしてみればいいんですよ。

 

縦だと上と下が出来てしまいます。

横だと左右どちらも同じ高さなのでただ違うだけ
という分類になるのです。

 

どっちがいいとかの思考が減るんですね。

 

例えば先ほどの仕事の例で考えてみます。

横にして分類と考えてみると、仕事が早い人
仕事が遅い人、どちらもそういう人がいるんだな…

そんな風に客観的にみることが出来ます。

 

あなたは子供の頃なんて昆虫を観察したこと
がありますよね。

それと一緒なんです。

 

あれ視野の広い昆虫がいるなぁ…
あ、こっちには視野の狭い昆虫がいるなぁ…

こんな風に客観的に見るわけです。

 

視野の広い昆虫と視野の狭い昆虫をどちらが
上下など考えませんよね。

ただ違うだけだと分類するだけじゃないですか。

 

これを普段の生活で実践するとかなり劣等感が
減ると思いますよ。

 

私は男性にしては身長が低いです。

私の中で身長が高い男性が上で身長の低い男性が下…
そういう風に今まで考えていました。

 

もう劣等感ハンパなかったですよ…

努力して変われることならまだいいですが
変わりようありませんからね…

 

でもこの考え方を知って実践してみたら
ものすごく気持ちが軽くなりました。

そうなんだ。
ただ違うだけと分類すればいいんだ。

 

劣等感がスーっと消えていくのが分かりました。

 

あなたも日々劣等感で苦しんでいるかもしれません。
そんな時はこの考え方を参考にしてみてください。

 

驚くほど劣等感がなくなるのが実感出来ますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。