HSC(敏感な子)には育てにくいタイプの子もいます

子供には育てやすい子もいれば手がかかって
育てにくい子もいます。

では育てにくい子にはどんな特徴があるのでしょうか?

 

それは感情反応の強い子、、HSSの子です。

 

ちょっとしたことで傷つきおおげさに
騒ぎます。

被害妄想が強いです。
かんしゃくが強いです。

 

文句が多いです。
落ち込みが激しいです。

母親のことを「くそばばあ」「おにばばあ」
と言って泣きじゃくる時もあるかもしれません。

 

そんな時は

「この子は実は傷ついているのかもしれない…」

そんな視点で考えてみることが大切です。

 

育てにくい子は長い目で見れば心配のない子
でもあるんですよ。

ついつい将来は大丈夫だろうか…
このまま大人になれるだろうか…

 

そう親は過剰に心配してしまいがちですよね。

 

でもね、そういう過剰な心配は結構子供に
まで伝わることがあるんですよ。

心配だけど見守ってあげる…
そんな姿勢が大事かもしれませんね。

 

それでもどうしても親が辛い気持ちになって
しまって子育てにならない…

そんな時は第三者機関に相談してみるとか
誰かに助けてもらえないか考えてみるといいでしょう。

 

いくら親でもひとりの人間ですからね…
親も無理しすぎは禁物です。

 

ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。