HSC(敏感な子)の特徴とはいったいなに?

HSCとはHighly Sensitive Childの略語です。
ひといちばい敏感な子という意味です。

いったいどんな特徴があるのでしょうか。

 

HSPと一緒でHSCの割合は15%~20%。
子供の5人に1人はHSCです。

人種で差はなく男女の比率も同じです。

 

HSCは発達障害と似ているところがありますが
違うものです。

感覚的に敏感なところなんか似ていますかね…

 

人の気持ちをくむのが得意か苦手かが
異なります。

人の気持ちをくむのが得意=HSC
人の気持ちをくむのが苦手=発達障害です。

 

よく育て方が良くないとHSCになるんじゃ
ないかと思われている場合もあるかと思います。

 

決して育て方でなるのではなくて
持って生まれた性格のようなものです。

 

赤ちゃんには色々な気質がありますよね。

カンの強い子。
動じない子。
意思の強い子。

そのような気質の1つと一緒でひといちばい
敏感であるということです。

 

よくどうやって治したらいいですか?
そんな親からの疑問がありがちです。

病気や障害ではありません。

 

持って生まれた性格なので治すもの
ではないんですね。

 

その子らしさをいかして伸ばして
いくのがHSCの子育てです。

 

私も振り返ってみると子供の時は
HSCだったな…そうしみじみ思います。

敏感な気質=弱いと思っていて
強くなろうといつも努力していた子供でした。

 

あなたの子供もHSCで私と同じように
思っているかもしれません。

そんな時はぜひ否定せずにその子
らしいところを見つけてあげてください。

 

そしてぜひ伸ばしてあげてください。

それが子供にとってはとても楽に
生きられるキッカケになると思います。

 

自己否定するクセでななくて自己肯定
の習慣が身につくと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。