人に優しく出来る範囲が自分のキャパシティーです

人に優しく出来る範囲がキャパシティー??
いっけん何だか分かりませんよね。

 

人はみんな一生懸命に働いています。

特に日本人は自分を犠牲にして過酷な労働を
している人が多いように思います。

 

なので自分が今疲れているかとかって
気にしていないような気がします。

いや、気にする余裕がないのかもしれません。
そこでちょっと考えてみてください。

 

労働環境が悪い会社ってみんなピリピリして
いると思いませんか。

多分ひとりひとりの仕事の量が限界を超えて
いるからでしょうね…

 

結構雰囲気で分かっちゃったりします。

ピリピリしているから人のことを考える
余裕がない…

 

結果として、自分のキャパシティーを
超えているから人に優しく出来ないのです。

これってある人から学んだことなんですが
当てはまるな~と思いました。

 

私も過去の仕事を思い返してみると
結構キャパシティーを超えていた気がします。

そして決まって人には厳しかった気がします。

 

これをさらに超えると人に無関心になって
しまうようです。

 

もの凄く怖いですね…
厳しいのを通り越して無関心ですよ…

こうなると心身の健康が心配になって
きますよね。

 

世の中で自分の心身の健康を犠牲にしてまで
働かなくてはいけない仕事はおかしいと思います。

まずは自分の健康第一。
そんな仕事環境が増えて欲しいと本当に思いますね。

 

あなたも今現在自分のキャパシティーを超えて
頑張って働いているかもしれません。

そして人に優しく出来ていない…
人に無関心になっている…

 

そんな状況なら参考にしてみてください。
その先には心身の健康を害する未来が待っています。

 

人に優しく出来る範囲が自分のキャパシティー。
人に無関心ならもっとキャパシティーを超えている。

 

これを覚えておいてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。