HSP(敏感な人)が他人の機嫌の悪さを分かってしまって辛い時には…

他人の機嫌の悪さが分かってしまう…
自分が何かしたのが原因じゃないか…

そんな風にHSPは思う人が多いような気がします。
そういう私もその1人です。

 

色々なことに敏感なHSPなので他人の感情を受け取る
ことにも非常に敏感だと思います。

ではこの辛さってどうすればいいんでしょうかね…
ただやり過ごすしかないんでしょうかね…

 

私は長年、HSPを自覚していなかったので
この辛さはもの凄く持っていました。

世の中のみんながそう感じているのかと思って
聞いてみるとどうやらそうではないらしい…

 

自分だけがおかしいのかな…

 

もしかしたらあなたもそう思ったことがあるかも
しれません。

 

これって他人の機嫌の悪さが自分のせいで起こって
いると無意識のうちに思い込んでいるからなんですよね。

 

最近理解出来るようになりました。

 

確かに自分が原因の場合もあるとは思います。
でもね、結構な割合で外れていることも多いんですよ。

その方法としては本人に聞いてみることなんです。
ちょっと勇気がいりますね…

 

最初は気の合う友達や家族で始めるといいでしょう。
私もそうしました。

すると全然自分とは関係ないことだとすぐに分かり
とても気分が楽になりました。

 

そうしたら今度は上司が機嫌が悪い時があるとします。
なかなか聞けませんよね…

聞けるなら聞いてもいいですが余計に怒らせる可能性
が高いです。

 

そういう場合は思考だけでも変えてみましょう。

 

「この前家族が機嫌が悪い時は自分のせいじゃなかった
から、上司の場合も自分が原因じゃないかも…」

 

そんな視点を持ってみるんですよ。

 

こう思う時ってついこの前とかに上司から頼まれた
仕事でミスをした…

そんな風に何か思い当たるふしがある時なんて
起こりやすいです。

 

意外と人って他人のことなんてあまり考えてないもの
なんですよね…

 

最近分かるようになってきました。

 

HSPは他人のことをたくさん考えられるから他の人も
一緒だと思ってしまうんですよね…

長所が少し辛い方向に働いているだけなんですよ。

 

あなたも他人の機嫌の悪さを分かってしまって辛い…
そんな時には参考にしてみてください。

 

完全に辛さはなくならないかもしれませんが少しでも
減ると思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。