10年後の仕事図鑑

10年後の仕事図鑑 堀江貴文×落合陽一著

 

2045年にはAI(人工知能)が今の人間の能力を
超えると言われています。

これから徐々に今人間が行っている仕事に変わって
AIが行うことは避けられないと思います。

 

これから人間はどうやって生きていけばいいのか…
そんな問題を考えるきっかけになる本です。

 

会社、会社員、働くこと、就職の未来について
のヒントが細かく書かれています。

 

実際になくなる仕事、生まれる仕事についても
具体的に書かれています。

今その仕事についている人にとっては
他人事とは思えないのではと思う内容です。

 

お金のあり方や幸福についても書かれています。

最後に自分の人生を生きなさいというメッセージで
締めくくられています。

 

AIの登場、発展は第4次産業革命とも呼ばれています。
それくらい世の中を大きく変えることになる証拠です。

AIに仕事を奪われる…
そんな恐怖からAIを否定する人も多いと思います。

 

しかしAIの台頭は避けられない現実であると思います。
うまく共存するにはやはり考えることは必要です。

この本に書かれていることが100%実現するとは
限らないですが実際に書かれていることが起こる
こともあると思います。

 

自分はどう生きていくのが幸せなのか…
そんな人間の根本的なものを考えさせられました。

 

自分に今ある長所はなんだろうか…
逆に短所はなんだろうか…

自分にはどんな強みを持っているのだろうか…
逆に弱みはなんだろうか…

自分のワクワク、好き、楽しいと心から思う
こととは一体なんだろうか…

 

AIの登場はそんな普段なかなか考えないことを
徹底的に考えるいい機会だと私は思います。

 

あなたにもそんな自分を見つめ直す本を読んで
今後の自分の人生について考えてみてはいかがでしょうか。

 

人には真似出来ない自分らしい自分にしか出来ない
生き方をあなたも考えてみましょう。

 

私も日々考えていきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。