HSP(敏感な人)は苦しみを乗り越えると他人に優しくなる

HSPって基本的に優しい人が多いように感じます。
でも結構本心は厳しかったりする場合もあると思います。

 

過去にこんな記事も書きましたが

表向きは温厚だけど隠している攻撃的な自分が怖い

人には分からないけど実は他人に厳しかったり
する人もいると思います。

 

実は私もそうです。

 

他人からは温厚にみられるけど結構短気だと
自覚しています。

 

例えば仕事をしている時、自分は出来るけど
出来ない人がいる。

そしてその人に教えなくてはいけない…

こんな場面ってありますよね。

 

表向きは

「今出来なくても大丈夫です。そのうち出来るように
なると思いますよ。」

とか優しい言葉をかけたりしています。

 

でも内心は

「なんでこんなのも出来ないんだよ…」

とか思うことが結構あります。

 

自分にも厳しいけど他人にも厳しいパターンですね。
自己否定も他者否定もしている訳です。

結構そういう人ってなんとなく感覚で分かったり
しませんか。

 

私は同僚にわかられたことがあります。

「実は表向きはいい人でも実は心はブラックですよね…」

やはり感じる人には感じるものなんですね…

 

今、私は自己否定を自己肯定に変えるように
過ごしています。

 

自己否定→自己肯定に変えることで
他者否定→他者肯定に変わると言われています。

 

なぜだか私もまだ実感出来ていませんが
変わった人からそういうものですよと教えてもらいました。

 

でも今でもなんとなく分かります。

 

だって自分を否定している人に他者を肯定しろって
言っても無理だと思いませんか。

 

例えば先ほどの私の仕事場で言いますと
自分は出来るけど他人は出来ない…

 

そういう時に

「あぁ、この人の状態はいまはこれが精一杯なんだな…」

と感じるようになるようです。

 

なんか仏のような感じですね。
私もそういう境地に行ってみたいですね。

 

自己否定を辞めて自己肯定することによって
他人にも優しくなります。

あなたもぜひ参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。