抵抗があるのは興味がある証拠なのです

○○するのに抵抗がある…
あなたもこのような経験ありますよね。

なんで抵抗を感じるんですかね…
恥ずかしいからでしょうか…

 

実は抵抗を感じるということは
そのことに興味がある証拠なんですよ。

「え~~~!!!!嘘だ…そんな訳ない…」

そう叫びたくなりますよね。

 

でもね、よく考えてみると分かります。

 

例えば女性らしいファッションをするのに
抵抗がある女性がいるとします。

ボーイッシュな髪型、服装をいつもしています。

 

友達からは

「○○ちゃんもっと女性らしくしたら可愛いのに…」

そういつも言われますが怖くて出来ません。

 

でも少しずつ女性らしいファッションに恐る恐る
挑戦していきます。

 

そして数ヶ月が経ちます…

 

ボーイッシュだった外見なんて想像も出来ないくらい
女性らしいファッションで身を包むようになりました。

 

このように抵抗があるということは
興味があることの可能性が高いのです。

恥ずかしさ、劣等感、否定的な思いもまた
興味の裏返しでもあると言えます。

 

なぜこのように抵抗があるのに興味を持てるのでしょうか。

 

先ほどの女性で考えてみましょう。

 

本当は自分が女性らしいファッションが似合う女性と
知っているのだけれど、恥ずかしさや劣等感などで
素直に認められないから、興味はあるのだけれど抵抗がある。

 

つまりこういうことなんですよ。

女性らしくしたら可愛くなるってことが
本能的に自分で知っているのです。

 

まだ納得出来ないでしょうかね…

 

例えば大好きな男の子に告白するときって
メッチャ抵抗感じませんか?

男の子が嫌いな訳ではなくて
大好きだから、興味があるから抵抗を感じるのです。

 

反対に全然興味がない男の子を遊びに誘う時って
全然抵抗感なんて感じないですよね。

興味がないことに関しては抵抗を感じないんですよ。

 

なので抵抗を感じたときは興味があることなので
それを素直に認めた方が行動しやすくなります。

そして自分は興味があってやりたいことなんだ
という前提で動いてみましょう。

 

少しずつでも抵抗が薄れてきてハードルが
下がってきますよ。

抵抗を感じたときは興味がある証拠。
そしてそうなれると本能的に分かっていること。

 

ぜひこういう考えを持つと楽しめるし
実現しやすくなりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。