HSP(敏感な人)は空気を読むのが得意です

HSPは空気を読むのが得意だと思います。

読むというよりもその場の雰囲気を無意識に
察知する能力があると言った方がいいでしょうかね…

もう自覚せずに感覚的に瞬時に反応する能力と
言ってもいいでしょう。

 

これは生まれながらに持っているのもありますが
成長の過程でより強くなったと言えると思います。

幼い頃に経験したことが強く影響している場合も多いでしょう。

 

私はプロフィールにも書きましたが小学校の時に
いじめを受けていました。

特に自分が悪いことをした記憶はないです。

 

子供って残酷ですから誰か標的を決めてその子を
攻撃することってあるんですよね…

結構大人数からいじめを受けていたので
人から受け入れられるという安心感が育たなかった気がします。

 

人格未形成と言われたこともありました。

 

それゆえに大人になってからも無意識のうちに
人の感情を敏感に察知したりまわりの空気を読むクセがつきました。

幼いころの心の傷が残っているのでしょう…

 

まわりから仲間外れにされたくない…
そうなるのがとても怖い…

そういう感情がいまだに残っている気がします。

 

辛い体験はしましたが人の心の痛みが分かったり
相手の欲求が分かったりする能力も磨かれた気がします。

要するに空気を読むのが得意ということですね。

 

相手からしたら言葉にしなくても気がついてくれたり
行動してくれるのですからとても感謝されたりします。

 

私も友人が疲れているように見えたり落ち込んでいるように見えたり
そんな時に無意識のうちに声かけしている自分に気がつきます。

外れる時もありますが結構な確率で当たる時が多いです。

 

空気を読むというとあまり良くないイメージがありますが
長所でもあり人の役にたつ能力でもあると思うんですよ。

 

例えば飲食業の接客業でホールの仕事をやっていたとします。
お昼の忙しい時間帯にお店は満席です。

するとあなたは結構前に入店したのに放って置かれている
お客さんが店の隅にいることに気がつきます。

 

まわりの店員さんは誰も気がついていません。
あなたは手が空いていたのですぐにお客さんの所へ行きました。

このように接客業などは能力が発揮出来る仕事と言えるでしょう。

 

しかしあまり空気を読むと疲れてしまう時がありますから
適度に感じられるようになるといいと思います。

 

もしあなたが空気を読むのが得意だと思ったり人から言われたら
欠点だと思わずにぜひいい方向にその能力を発揮してみてください。

 

必ずあなたの能力で助かる人はいると思います。
ぜひ自信を持ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。