HSP(敏感な人)はネガティブな感情への共感性が強いです

HSPは感情が豊かだと思います。

ポジティブな感情にすぐに心身が反応しますね。

幸せだったり嬉しかったり…
心の底から存分に感じる傾向にあると思います。

 

反対にネガティブな感情の共感性も強いと感じます。

とても落ち込んでいる人が側にいるとき…
なにか悩み事を相談されたとき…

 

その人以上にネガティブな感情を受け取って
その人と同じように落ち込んだり悩んだりすると思います。

あまりに強いと辛い気持ちになるでしょう。

 

これには他人との境界線を強くするといいと言われています。

 

例をあげると…

おまんじゅうがありますよね。
HSPはおまんじゅうの外皮がないあんこだけの状態です。

外皮があると内部のあんこは守られますよね。

 

だけど外皮がないから色々な感情だったり刺激を
直接受け止めてしまうんですよ。

分かりやすくいうと境界線を強くするというのは
まんじゅうの外皮を作るイメージです。

これでなんとなくイメージ出来ましたかね。

 

「他人との境界線を強くすると冷たい人間になるのでは…」

 

そう思う人もいるかと思います。

 

以前にも書いたかもしれませんがネガティブな感情に
そこまで深く共感しなくなるということです。

ポジティブな感情も以前より深くなくなるかもしれません。

 

でもあなたの本来持っている人の気持ちに共感する能力は
なくならずにほどよく発揮出来るようになるから大丈夫です。

 

他人との境界線を強くする。

 

これだけで大分楽になり本来の能力を発揮出来るようになる
HSPの方は非常に多いと感じます。

 

他人との境界線を強くする為に
私はいま色々なことを実践中です。

少しずつ効果が出てきていることもあるので
そのうちお伝え出来ればいいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。