なぜ同じ失敗をするのか?それは失敗は自分自身の思考が起こしているからです

失敗は誰でもあるものですよね。

世の中完璧な人はいませんから、あなたも今までの人生で最低1回は失敗していると思います。

ここで「失敗は自分の思考が起こしているものですよ?」 と言われると「そんなことないよ!」と反論したくなりませんか。

全ての失敗がそうだとは言い切れませんが、自分自身の思考から起こる失敗もあるんですよ。

例えば、

「○○したらどうしよう…」

「○○になるのが怖い…」

「○○にならないようにしよう…」

と考えるとしますよね。

そうすると自分の意識が「○○」に向かうようになるので 結果「○○することになる」というものです。

この時自分が考えてやっているという認識が薄いので 「やっぱり○○しちゃった…私はダメだな」という思考が定着して○○が苦手になるのです。

ようするに失敗のイメージを頭の中で色々考えるから失敗する確率が高くなるのです。 脳は現実に起こったことと想像の区別が出来ませんからね。

「○○したらどうしよう…」という思考に気がついたら気をつけてくださいね。

プラスのイメージに変えてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。