HSP(敏感・繊細な人)が自分の強みを発掘する方法とは?

自分の強みはなんだろう…
そんな風に考えたことはありますか?

私はつい最近までそのようなことを
考えたことがありませんでした。

 

なぜかというと…

自分が出来たことよりも出来なかったことを
克服する為に人生を送ってきたからです。

 

私と同じ様な人も多いのではないでしょうか。

 

日本の教育って出来たことより出来なかった
ことの克服に重点を置いていますよね。

100点満点で90点とっても残りの
10点を克服する為に勉強する…

 

自分の得意分野をより伸ばすよりも
苦手分野克服を重点的に勉強する…

確かに苦手なものは少ない方がいいのかも
しれません。

 

しかし…

やっていて楽しいとか嬉しいとかいう感情って
あまり湧いてこないのではないかと思います。

 

少し話しがそれましたね…

自分の強みの話しです。

 

少し前に強み発掘のセミナーを受講しました。
その内容についてはこちらに書いてあります。

HSP(敏感・繊細な人)の強みと可能性グループセッションに行ってきました

 

その時にも思ったのですが強みって自分の中では
当たり前過ぎて気がつかないものが多い…

そう感じました。

 

そして最近友人にこう言われました。

「たくさん本読んだり、セミナー参加したり行動していて
凄い努力家だよね…」

 

え?? 私って努力家なの??

 

自分がそんなに努力家だとは思ってもいませんでした。

なぜかというと本を読んだりセミナーに参加するのって
自分がしたいからやっていることであるからです。

 

だからみんなも同じようにやっているのだろう…
そう思っていました。

でも私と同じ様な人ばかりではないということが
わかりました。

 

これって自分で考えたところでなかなか思い
つかないのではないかと思います。

だって自分の中では当たり前のことだから…
毎日食事したりするのと同じくらい自然なことだから…

 

自分の強みを発掘する方法ってやっぱり身近な人に
聞いてみたりするのが1番早いんじゃないかと思います。

それも家族だったり友人だったりあなたのことを
よく知っている人だとより正確かもしれません。

 

それかHSPで人の強みだったりを見極めるのが
得意な人なんかとてもいいかもしれません。

 

最近は自分で自分の出来ている所、もっているものなど
自分の強みを自分で発見する時間を作っています。

 

ポイントは自分のなかで

「え?? そうなの??」

と思うようなことです。

 

当たり前過ぎて気がつかないけど他の人からみたら
もの凄く強みだと思うことです。

 

やっぱり自分で見つけるのもいいですが
人から言ってもらった方が早いかもしれませんね。

なかなか家族や友人などに自分の強みを教えて…
なんて言うのは恥ずかしいかもしれません。

 

そんな時は何気なく相手の強みを教えてあげると
相手もあなたの強みを教えてくれるかもしれません。

 

返報性の法則というのがあるように人は何かされたら
恩返しをしたいというものが働くからです。

積極的に人のいいところ、強みを教えてあげると
自分の強みをより多く知ることが出来るかもしれません。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。