HSP(敏感・繊細な人)がこんなこと話しちゃいけないんじゃないか…と思った時には…

先日こんな出来事がありました。

 

こんなこと話しちゃいけないんじゃないか…
そう思っていたことをある人に話しました。

結構な間、不安に思っていたことなんですが
なかなか話をすることが出来ませんでした。

 

でもかなりのストレスを感じていて
もう話さないといけない時期かな…

そう思って思い切って話しました。

 

私は今、在宅勤務のスキルを学ぶ為に
訓練施設に通い始めました。

そしてある人とはその職員さんです。

 

内容なんですが…

 

今、私は両親と一緒に暮らしています。

コロナが再び流行し始めてきて不安に思っている人も
かなり多いのではないかと推測しています。

 

そして最近通い初めた訓練施設は電車で
10分ほどの距離にあります。

電車で10分なので比較的近いですし
電車内も満員電車ではないです。

 

しかし座っている人はいっぱいで
立っている人もけっこういる感じです。

そこでこの感染の広まりです。

 

私の不安・恐怖というのは…

 

私がコロナに感染するのが怖いというよりも
私が感染して同居している高齢の両親にうつさないだろうか…

その不安が最近かなり強くなってきました。

 

電車に乗って外出することによって私が感染し
両親に家庭でうつすのではないかと…

 

HSPの敏感・繊細さが過敏になっている為なのか
それ以外の理由があるのかは分かりません。

でも今の自分の不安・恐怖の原因がそれだと
いうことに行き着いた感じです。

 

その不安・恐怖を訓練施設の職員さんに話しました。

職員さんは否定することなく私の話を聞いてくれました。

 

最後に私の不安を少しでも軽くなるような
方法を考えて行きましょう…

そう話してくれました。

 

結果として今すぐ何か変わった訳ではありません。

しかし、私の中の不安・恐怖がスーっと小さく
なっていくのがもの凄く分かりました。

 

人は誰かに話を聞いてもらうことで癒される
ものなんだな…そう感じた瞬間でした。

 

もしあなたがHSPなら日々色々なことに不安や
恐怖を感じていると思います。

ぜひその不安・恐怖を否定しないで聞いてくれる
ひとに話してみてください。

 

見た目の状況はすぐには変わらないかもしれません。

でも心の中の不安・恐怖はかなり癒されていくのを
感じることが出来るでしょう。

 

人は1人では生きていけないというのは
こういうことなのかな…

そう思わされる出来事でした。

 

この出来事も記事にしていいものなのか…
もの凄く私自身悩みました。

 

でも私と同じように日々苦しんでいる人の
何かのキッカケになれればいいな…

 

そんな想いで思い切って書いてみました。

 

日々不安・恐怖で押しつぶされそうな場合には
ぜひ勇気を出して誰か信頼出来る人に話してみてください。

きっと何かのキッカケになると思いますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。