HSP(敏感・繊細な人)にオススメの本【中級】

HSPが抱えやすいと言われている
愛着・トラウマの問題。

愛着・トラウマの理解を深める本を
紹介したいと思います。

 

少し内容が難しく感じるかもしれませんが
何度も読むことによって理解が深まると思います。

 

今の自分に当てはまってかなり辛い…
そんな時は専門家の治療を受けるのもいいでしょう。

ぜひこれらの本で心の重荷を少しでも軽く
なるキッカケになるなら嬉しいです。

 

①「今ここ」神経系エクササイズ 「はるちゃんのおにぎり」を読むと、他人の批判が気にならなくなる。
 浅井咲子 (著), 大越京子 (イラスト)

「はるちゃんのおにぎり」というとても読みやすい
絵本が書かれています。

絵本に出てくる簡単な5つのエクササイズをやると
神経が落ち着いたりストレスの限界幅が広がったり…

とても心身の健康に参考になる本です。

書評はこちら

「今ここ」神経系エクササイズ 「はるちゃんのおにぎり」を読むと、他人の批判が気にならなくなる。

 

 

不安・イライラがスッと消え去る「安心のタネ」の育て方 ポリヴェーガル理論の第一人者が教える47のコツ 浅井咲子 (著)

安心・イライラを自分で何とかできるというのが衝撃的でした。

この本に書いてあるワークを行うことで「ストレス耐性領域」が広がり安心して毎日を過ごすことが出来ます。

すぐにパニックになるあなたにオススメですよ。

書評はこちら

不安・イライラがスッと消え去る「安心のタネ」の育て方

 

 

③愛着障害~子ども時代を引きずる人々~ 岡田 尊司 (著)

HSPが辛くてたまらない…

その原因はもしかしたら愛着障害にあるのかも
しれません…

愛着障害と言うと一部の特別な家庭で育った
場合になるものと思っていませんか?

実は一般的な家庭と言われている場合でも
十分起こり得るものなんですよ。

書評はこちら

愛着障害~子ども時代を引きずる人々~ ~HSP(敏感・繊細な人)に多い愛着障害~

 

 

④愛着障害の克服~「愛着アプローチ」で、人は変われる~ 岡田 尊司 (著)

精神疾患と言われている原因は根っこには
愛着障害がある場合もあるのかもしれない…

そんな風に感じる内容です。

精神疾患の人全てに当てはまることではないの
かもしれませんが、その可能性も否定出来ない…

そんな思考になる本です。

書評はこちら

愛着障害の克服~「愛着アプローチ」で、人は変われる~

 

 

愛着・トラウマは人によって向き合う時期や
方法は様々だと思います。

必ず向き合えばいいかと言えばそうでもない場合も
ある非常にデリケートな分野です。

ぜひご自分の心と対話しながら進めていくと
いいと思いますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。