トランジション ――人生の転機を活かすために

 

トランジション ――人生の転機を活かすために ウィリアム・ブリッジズ, William Bridges他

 

トランジションとは人生の転機や節目を表す言葉です。
でもこの意味はもの凄く深いです。

誰でも成人、入社、結婚、出産、退職などの転機は
数え切れない程起こると思います。

 

これは多くの場合まわりの環境が変わるだけの場合が多いです。

 

もちろん環境が変わると大変ですが本当の意味での
転機や節目ではありません。

 

ここでいうトランジションとは自分に対する考え方、仕事や人生に対しての考え方などの内面の変化を伴うことを言います。

 

つまり環境が変わる変化でも内面が変わらなければトランジションとは言えません。

 

ようするに自分自身が生まれ変わるような劇的な変化のことを言います。

 

トランジションには3つの段階があります。

1、何かが終わるとき
2、混乱や苦悩のとき(ニュートラルゾーン)
3、新しい何かが始まる

この段階を全て通るのがトランジションです。

 

1、何かが終わるとき

これはまさしく人間関係の終わりだったり退職だったりをあらわします。
比較的分かりやすいのではないでしょうか。

 

断捨離をすると比較的次のステップに行きやすいです。
断捨離をすることで新しいものが入ってくるスペースが出来るからです。

断捨離とはモノだけでなく人間関係なども入ります。

 

2、混乱や苦悩のとき(ニュートラルゾーン)

分かりにくいのはこの部分だと思います。
この時期にはとにかく自分の心と向き合う時間です。

 

自分で特に何かやっている感覚もなく、後で振り返っても何もしてなかったのでは?…と思うような時期です。

 

でもトランジションにはこの時期は非常に大切です。

 

自分自身はどういう人間なのか、仕事や人生を振り返ってみてどう思いどう感じたか…とにかく自分との対話をひたすら行います。

ぼっーと公園で散歩するとかしばらく旅行に出かけるとか…そんないっけん意味のないことをする期間です。

 

それによって自分自身だったり世間への考えなどが劇的に変化します。
また直感だったり感覚が研ぎ澄まされる感じもするでしょう。

 

直感や感覚が研ぎ澄まされることによってこのあとに訪れる新しい何かが始まるキッカケが分かりやすくなってきます。

 

3、新しい何かが始まる

これは仕事だったり結婚だったり…
非常に分かりやすいかと思います。

 

またトランジションをむかえたときに気をつけることがあります。

 

1、焦らない
2、「ともかく何かしなくちゃ」という気持ちで行動しない
3、ささいなことでも自分のやり方を大事にする
4、変化の良い面と悪い面の両方に配慮する
5、話し相手を見つける

 

トランジションにいると思ったときにチェックしてみてください。

 

私は今現在、トランジションを迎えています。
状態はニュートラルゾーンから新しい何かが始まる段階ですね。

結構ニュートラルゾーンは長かった気がします。

 

その間、自分では特に意味がないだろう…
そう思っていたことが今では重要だったと気がつきます。

ほんの1年前の自分と比較してみると自分自身への考えだったり仕事・人生への考えだったり…

 

ものすごく劇的に変化してきたのが実感としてあります。

 

もしかしたら私の知っている人が今の私を見たときにはほとんど変化していないように感じるかもしれません。

でも私の中で以前の自分と今の自分ではまるで別人…
そんな感覚で今過ごしています。

 

まさに生まれ変わった感覚です!!

 

直感とか感覚が非常に敏感になりました。
自分の欲しているもの、そうじゃないものがハッキリ分かることが多いです。

 

これちげーよ!!!

 

そんな違和感がものすごくハッキリとわかります。

 

これから新しい何かに向かって今進んでいる最中です。
もうすでに始まっているのかもしれません。

 

 

誰でも何歳になってからでもトランジションは訪れます。
でも必ず内面の心の変化が誰にでも起こるとは限りません。

一生起こらない人もたくさんいるでしょう。

 

トランジションが起こる方がいいということも必ずしも言えません。

しかしトランジションは自分自身が生まれ変わるキッカケでもあります。

 

もしトランジションが訪れたと思ったらこの記事を参考にしてみたりこの本を読んでみてください。

きっと何かの役に立つと思いますよ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。