アーロン博士のHSP(敏感な人)映画上映会に行ってきました

HSPを世に最初に広められたアーロン博士の
HSP映画上映会に行ってきました。

私が先月1月に行ったHSPセミナーを主催された
皆川公美子さんが主催の上映会です。

 

通常この映画は上映出来ないそうです。

しかし皆川さんがアーロン博士の映像チームに
上映許可を頂いたからこそ見ることが出来る…

 

とても貴重な映画となっております。

 

HSPとは何か?どういったものか?
…から映画は始まります。

ドキュメンタリー映画なので色々な人に
インタビューしたものが流れます。

 

皆さん職業は違いますがみなHSPという
共通点があります。

心理学のプロの方だったり会社のトップに
立つ方だったり…

 

またドキュメンタリーということで
ある家族の境遇がとてもリアルなので…

つい…涙が出てきそうになりました。

 

私が子供の頃の自分と同じ境遇の子が
出てきたりして共感しまくりでしたね。。

どうしてもHSPって非HSPには理解されないし
抑え込まれるし…

 

だから自分の敏感の感覚を我慢して出さない
ようにしたり押し殺して隠して生きる…

でもそれっていつか限界がくるんですよね…

 

「もうこの生き方では生きられない…」

 

そんな心の叫びからか心身共に疲れきってしまう…

 

でも映画の中でそんな心の苦しみを表現していいんだよ…
もっと世の中に声をあげていいんだよ…

そんなメッセージが込められていて観ていて
自分の心の奥底からエネルギーがわいてくる…

 

そんな感覚を覚えました。

 

私は今、自分自身で人生の転機にいると思っています。
そして自分自身の強みだったり資質も段々と分かってきました。

これからはその自分を大切にして人生切り開いて
行こうと思っています。

 

私のように人生の転機にいたりしてこれからどうして
いいかわからない…

そんなHSPにぜひ観てもらいたい映画ですね。

 

あなたの可能性は無限大だし才能豊かです。
そしてもっと全面に出して生きていいんだよ!

そんな強いメッセージが込められた映画です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。