漫画 君たちはどう生きるか~人生を見つめるキッカケになる本~

漫画 君たちはどう生きるか 吉野源三郎   (著)  羽賀翔一 (イラスト)

 

数年前に発売されて話題になった本です。

ほとんどの部分が漫画で構成されていて所々に
文章が書かれているのでとても読みやすいです。

 

私は2時間くらいで読破しちゃいました。

 

内容はざっくり言うと小学生くらいの子供と
そのおじさんのやり取りの話しです。

その小学生が生きていて疑問に思うことや
気になることを元編集者のおじさんに聞く…

 

おじさんが答えることもあれば自分で見つけなさい
という答えを言うときもあります。

その疑問に思うことの視点がちょっと変わっています。

 

今の時代、生きていたらこんなこと疑問に思わないで
一生を終える人も結構いるんじゃないかな…

そう思わせてくれる視点です。

 

この本の原作はかなり昔に書かれているのですが
こうやって話題になるということは本質的に時代は関係ない…

そう問いかけているような気がします。

 

私なんて途中から涙が出っぱなしでもう読むのが
大変でしたよ…

 

そして最後のキーワードでもう号泣しまくりでしたね…
読み終えて数分は号泣しっぱなしでした。

私がこのブログを書こうと思ったキッカケだったり
こうやって続けていること…

 

そしてこれからこのような人生を生きて行きたい
と思う根本的なことが書かれていました。

このキーワードって今、世界中で起きている問題や
争いなどの突破の糸口にもなるんじゃないかな…

 

そんな感じさえさせてくれるようなものだと思います。

 

これ人生を模索している人、今の人生に行き詰まって
いる人、毎日が辛くて大変な人…

とにかく色々な人にぜひ読んでもらいたい本ですね。

 

これ読むと本当に人生観変わりますよきっと。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。