HSP(敏感な人)のカウンセリングを受けてきました(5回目)

ほぼ毎月1回のペースで行っているHSPのカウンセリング
に行ってきました。

通って約半年が経ち回数も5回目になりました。

 

前回のカウンセリングの最後に父への怒りの気持ちが
出てきたのになんか涙が出てくる…

不思議な感覚だったので前回から1ヶ月間
なぜ父への怒りの気持ちが出てきたのに涙が出てきたのか…

 

自分のインナーチャイルドとの対話を度々してきました。

私のインナーチャイルドは毎回後ろを向いてすねて
いる態度をとり悲しそうな表情をしていました。

 

その度に同調してあげることばをかけてあげたり
共感してあげたりと今の自分が癒してあげました。

そして今回のカウンセリングを迎えました。

 

父への怒りの気持ちは子供の頃の自分の
父への怒りが今出てきたのだと思われます。

そして子供の頃から父が怖い存在だと
自分の中で感じていたのでしょう…

 

最近になっても父が怖いと思う瞬間があります。

でも自分がHSPでということを話してから
父もかなり変わったとは思います。

 

以前のように声を荒げることが少なくなったし
何より口癖も変わってきました。

私の口癖が「そうなんだ…」というものらしいのですが
父もその言葉をマネするようになりました。

 

以前の父は自分と違う意見のときには決まって声を荒らげて
対抗していました。

それが「そうなんだ…」というように自分には分からないけど
そういうのもあるんだな…という同調をするときが多くなりました。

 

そして私が自分のこれからについて本音で父に話したとき
以前は反対されたところが応援してくれる言葉をもらいました。

 

「今は自由なんだから焦らないで自分の好きなように生きたらいいよ。」

 

この言葉を父にもらったのは意外でした。
…と共に父へのわだかまりが少なくなった瞬間でもありました。

 

最近、生まれて初めて父と2人で飲みに行ったりと
今まで出来なかったことが出来るようになってきました。

結構私の中で父への気持ちって大きいんだな…
そう気づく毎日です。

 

あと父に対して親孝行がしたいんだな…
そういう気持ちが強いのにも気がつきました。

結構私は父に似ていて今までお互い反発し合っていたのが
最近になって近づけるようになった感じです。

 

私も自己否定→自己肯定出来るようになってきて
自分の長所も見れるようになってきました。

まさに「今の自分でいいんだよ。」そんな風に毎日
思いながら生きている感じです。

 

父もおそらく自己否定→自己肯定出来るようになったんじゃ
ないかな…だから私との波長も自己肯定同士あってきたのかな…

そんな風に感じます。

 

とてもいい感じで父との関係が築けているので
自分のこれからの生き方を探す過程でも自分らしくなれるかな…

そんな見えない確信が生まれつつある感じです。

 

なんかほどんど父との関係の話になってしまいましたね…
私だけでなく結構親との関係ってHSPにとって重要じゃないか…

そんな風に最近感じることが多いです。

 

あなたがもし私と同じような体験をしてきた…
もしくはしている最中ならぜひ参考にしてみてください。

何かがきっといい方向に変わると思いますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。