苦手だけど出来るからやっちゃうということだらけになってはいませんか?

本当は苦手だけどやるとそれなりに出来ちゃう…
そんなことってありませんか?

 

実際に出来ているからまわりも

「あぁ、この人はこれが出来る人なんだな…」

そう認識してまた同じことを頼もうとする。

 

これが出来なかったり失敗したりしていたら
分かりやすくてもうやらなくてすんだりするのですが…

この苦手だけど出来ちゃうことが多くなって
気がついたら仕事のほとんどが苦手なことだらけ…

 

そう気がつくことも多いのではないでしょうか?

でも他に出来る人がいなかったり職場の都合上
やらない訳にもいかないから我慢してやる…

 

結果ストレスがつもりつもって心身共に限界がくる…

自分にとってもまわりにとっても悲しいですよね。

 

だからやっぱり出来ることでも苦手でしんどいという
ことは早い段階から伝えた方がいいと思います。

 

まわりの反応は

「いや、出来るんだからやってくださいよ!」

とかキツイことを言われるかもしれません。

 

でもやっぱり苦手で囲まれる生活はよくありませんよね。

苦手でもどこまでだったら自分にとって大丈夫で
負担がかかりすぎないか…

 

自分と対話しながら決めておきたいものです。

 

苦手だけどそれなりに出来ちゃって気がついたら
苦手で日々が囲まれている…

そんな場合は参考にしてみてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。