いいと思うところがない人なんてこの世にはいません~自己肯定感を下げたり自己価値を感じられない原因になる言葉~

先日、ある本屋に行った時の出来事です。

近くのお客さんで男性2人組がいました。
話しながら本を選んでいる様子です。

 

そのうちの1人がこんなことを言いました。

「この人いいと思うところが全くないよね…本当に…」

ある本を見ながら言っていました。

 

何かその本の作者か何かの話しをしていたのだと思います。
そしてそれを聞いたもう1人の男性も笑っていました。

それを何気なく私は聞いていたのですが
とても悲しい気持ちになりました…

 

いいと思うところが全くない人なんていないのにな…
なんかそんな言葉が出てくるのって悲しい人だな…

そう思いましたね。

 

そんな出来事で過去のトラウマを思い出しました。

 

以前の職場で私は上司にこんな言葉を言われました。

「お前は本当にいいところが全くないな…本当にどうしようもないやつだ…」

結構いまだに鮮明に覚えています。

 

それから無理して頑張りすぎる自分が形成されたのかも
しれないとふと思いましたね。

 

綺麗ごとかもしれませんがこの世にいいことろが
全くない人なんていないと私は思います。

よくその人を見ていくとふとしたところで
この人ここがいいな…そんなところがあると思います。

 

それを見ようとしなかったり探そうとしない人って
なんか悲しいな…そう思いました。

 

あなたも私のように上司などに全否定の言葉を
言われたことがあるかもしれません。

それゆえに自己肯定感が低かったり自己価値を
感じられなかったりするかもしれません。

 

でもね、きっとあなた独自のいいところって
必ずあると思うんですよ。

他人に否定されても自分自身でみつけてあげて
しっかりと認識させてくださいね。

 

それがふとした時に自分を守る盾になるかも
しれませんから…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。