必要以上に期待されたからといって無理にこたえる必要はありません

あなたは人から期待される方ですか?

 

例えば上司に好かれて必要以上に期待される…
ありがたいことではありますが重荷ですよね…

でもその期待にこたえるのが大好き…
やりがいがあると思えなかったら無理する必要はありません。

 

私は以前の職場で入社から上司にとても好かれていました。
そして必要以上に期待されていることも分かりました。

そんな当時の私は期待されたらこたえないと…
そんな思考のクセがありました。

 

やりたいからやるのではなくて期待にこたえる
ためにやる…そんな感じでしたね。

そして日に日にその期待は大きくなります。
そして私の仕事量もどんどん増えて行きます。

 

期待にこたえる為に仕事をしていると自分に
無理な仕事でもこなそうと思っちゃうんですよね…

もうその段階で無理です!と言っておけばよかったのですが
そういう選択肢が頭の中にはありませんでした。

 

そして限界をかなり超えた段階で私の口から

「申し訳ありません。それは私は出来ません。」

初めて上司に出来ませんと言えたのでした。

 

今、考えると自分の口から出来ませんと言えたのは
本当に素晴らしいことだと思えるのですが…

当時の自分には分かりませんでした。

 

でも上司の対応はいきなりキレて全然話しを
聞く耳を持ちませんでした。

しぶしぶその仕事を終えて仕事終わりに
上司と2人で話す機会がありました。

 

そこで上司からこんな言葉が出ました。

「あなたは何でも出来るのだから出来ないなんて言わないの!」

それから上司には仕事で出来ないと言えなくなり
しばらくして会社に行けなくなりました。

 

退職することになったときに上司からは
少し急がせ過ぎたかな…もっとゆっくりやればよかったかな…

そんな言葉をかけられました。

 

今だからわかるのですが自分を守る為に必要以上に
期待されてもそれが自分の能力をはるかに超えている…

そういう場合は期待に答えなくていいんですよね…
これからの人生にとてもいい教訓になりました。

 

あなたは必要以上に期待される方ですか?
そして期待にこたえることが目的になっていませんか?

そうすると自分の能力をはるかに超えた仕事量を
こなすことに多かれ少なかれなると思います。

 

そんな状態はそんなに長くは続けられません。

自分を大切に守る為に考えてみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。