職場でパワハラを受けてその傷がなかなか癒えないで仕事を前向きに考えられないとき

最近はよくニュースでパワハラという言葉を
耳にすることが多いと思います。

昔からパワハラの状況は変わらずあったと思いますが
ニュースなどで取り上げられることはなかったと思います。

 

それほど多くの職場で行われている証拠であり
問題とされるようになったとも言えますね。

パワハラを受けて休職していたりもしくは退職して
次の仕事を前向きに探すことが出来ない…

 

仕事に対して良いイメージを持てない…
また次の職場でもパワハラされるんじゃないか…

その恐怖といったらもの凄く強烈だと思います。
そういう私も今、そんな状況ですね。。。

 

この状況ってどうすればいいんでしょうか?

 

結構な割合でパワハラを受けたのに休職したり
退職した自分を責めていることが多いと思います。

なんでパワハラなんかに負けてしまったのか…
情けないな自分…

 

そんな感じですかね。

 

ですから自分自身を肯定することから始めるといいです。
最初は無理やりでもいいと思いますよ。

 

あんなパワハラでよく今まで頑張ってきたね。

 

そんな感じで自分自身をねぎらうといいでしょう。
私も毎日自分自身を肯定する習慣をつけています。

 

最初は私も本当に無理やりでした。
どう考えても肯定しても否定が勝ってしまうからです。

でも長い時間をかけて何度も何度も自分自身に
声かけをしていくとそのうちエネルギーが出てきます。

 

同時に肯定しながら自分の価値も見つけられて
こんな自分って素晴らしいんじゃないか。

そんな気持ちになるから不思議です。

 

そしてパワハラをした人を悪く思うのではなくて
あの人もそうするしかなかったんだな…

…とか寛容の気持ちまでわいてくるようになりました。

 

それでもやっぱり怖い気持ちはありますね。
でもそれも含めて肯定してあげるのもいいと思っています。

人間完璧ではないし白か黒ではないですからね。
グレーのあいまいな状況って世の中にたくさんあると思います。

 

あなたはパワハラを受けて仕事に対して前向きに
なれない状況だったりしませんか?

そんな時は小さなことですが参考にしてみてください。
しばらくやってみると大きく変化してくると思いますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。