親を許そうと思ったら自分が幸せになるのが近道です

親との関係で色々悩んでいる人って結構いると思います。

小さな頃から家庭に問題を抱えているけど我慢し続けてきた… あなたもそんな感じではないでしょうか。

子供は誰でも親が仲良くして欲しい、笑顔で元気でいて欲しいと願っているものです。

なので親がケンカをしていると子供としては心がえぐられるような辛い体験をすることになるのです。

結果、親の仲介に入ったり親に気に入られるためにいい子を演じたりするものです。

そして大人になってから親を許しましょう、感謝しましょうと言われると違和感を覚えます。

「あれ?感謝しなきゃいけないのに親に感謝できない…自分はおかしいんじゃないか…」

そう思って罪悪感を感じたりします。

父親のこういう態度が嫌いだった、母親のこういう言葉が辛かった… 素直にこう認めることが出来ずに押さえ込んでしまうのです。

辛い体験をしたのに許すとか感謝するとか、そう簡単に出来ませんよね。

そんな時は親との関係を見つめるのも大事ですが、同時に自分が幸せになる方法を考えるのです。

小さなことでいいです。自分が好きなこと・楽しいと思うことを選択して実行します。

こう聞くと親との関係とは一見関係ないように思えますよね。

例えば、親とギクシャクしていた娘が結婚をして結婚式に親を呼びます。 娘の晴れ姿を見た親は涙が出てきて、それを見た娘も号泣します。

その時、娘は親に対して

「私を産んでくれてありがとう!あなたが親で良かった!感謝していますありがとう!」

と親を自然と許すことが出来てしまいます。

このように、親との関係だけに注目すると泥沼にはまります。 しかし、自分の幸せを追求していくと結果的に親を自然と許せるようになるのです。

そういう私も今、親との関係で泥沼にはまりつつあります。 なので日々、自分の幸せを追求する毎日です。

親との関係で苦しんでいる人はぜひ自分の幸せに注目してみてください。 きっと明るい未来が待っていると思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。