HSP(敏感な人)は好きなことでもやり過ぎないようにコントロールする必要があります

よく好きなことならずっとやっていても飽きない…
そんな風に言われますよね。

そして疲れることなくのめり込んでやってしまう…
そんなこともよく聞くと思います。

 

でもね、これHSPには少し危険だと思うんですよ。

 

ただでさえ色々なことに敏感なので非HSPよりも
疲れ度合いがハンパないと思います。

好きなことだからずっとやっていたい…
そういう気持ちになるでしょう。

 

でもやり過ぎないようにコントロールしないと
疲れの限界を超えてまでやってしまうのです。

それゆえに体調を大きく崩したり心身に
支障をきたすことだってあると思います。

 

「それっておおげさじゃない??」

そう思うかもしれませんね…
でも決しておおげさではありません。

 

もし自分でコントロールが難しいと思う場合は
誰かにコントロールしてもらうように言っておく…

そういう選択肢もあるでしょう。

 

ちなみに私の趣味はダーツです。

ダーツが趣味の人って結構長い時間投げて
いる人が結構多いと思います。

 

最近はネットカフェでもダーツが出来るので
オールで投げている人もいるかと思います。

趣味なんだから疲れなんて関係ないじゃない…
そう思いますよね。

 

でも1人で3時間ぶっ通しで投げていたりすると
結構な疲労感を感じます。

そんな状態でも気持ちはまだまだ投げていたい…
そう思っちゃうんですよね。

 

それ以上投げると大抵後々まで疲れを引きずったり
大きく体調を崩すキッカケになったりします。

最近は疲れを感じたら休んだりそれでも回復しない
ときにはどんなに続けたくても辞めるようにしています。

 

HSPは好きなことでも過剰に疲れるので
やり過ぎないようにコントロールする必要がある…

ぜひ忘れずに覚えておいて欲しいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。