自分でワガママ過ぎるかな??と思うくらいがいい子にはちょうどいいです

あなたは自分で自分のことをいい子だと
思っているでしょうか?

結構いい子だということを自覚している人って
多いのではないかと思います。

 

そしていい子を辞めたい…もっとワガママに
自由に生きてみたい…

そんな願望を抱えつつ実行出来ないでいる…
そんな感じではないでしょうか。

 

そういう私がまさにそのような感じです。

 

私はある人に

「あなたは自分でワガママだと思うくらいがちょうどいいです。」

そう言われたことがあります。

 

やっぱり自分だけでなくまわりの人にもいい子だと
思われていて気づいているってことですよね。

 

ではなんでいい子を辞めたくても辞められない
のでしょうかね…少し考えてみましょう。

 

しっかりしないと…
いい子でいないと…

 

そんな制限があるような気がします。

 

決められたレールから外れるとまわりに迷惑がかかる…
親、兄弟、親戚に悪い…

そんなところでしょうか。

 

でもやっぱり人間最後は自分で決めて自分で生きる
しかないんですよね。

親、兄弟、親戚に決められたレールに従って生きるのって
しんどくないですか…辛くないですか。

 

そんなときはやっぱり自分との対話です。

 

自分は何がしたいのか…
自分はどういう生き方がしたいのか…
自分はどうなりたいのか…

 

徹底的に考えて行動し、また考えて行動する。

 

白黒思考が強いと1回で自分の生き方を見つけたく
なりますが、何回か失敗したりして思考錯誤をする…

そんな感じでいいと思います。

 

いい子を辞めたい…
もっとワガママに自由に生きてみたい…

もしあなたがそう思っているなら自分自身の心と
対話してみてください。

 

きっとあなたらしい道が開けると思いますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。