本当に欲しいと思っていたものが実は違うかもと思ったら

人間だれしも欲求がありますから欲しいものって
必ずありますよね。

それはモノだったり生活スタイルだったりと
色々あると思います。

 

でも生きていくうちに以前欲しかったものが
段々欲しくなくなっているかも??

 

そう感じたことはありませんか?

 

例えばあなたが仕事を忙しく働いていたとします。
毎日毎日残業続きてとても疲れていました。

「あー、ゆっくりとのんびりした毎日が過ごしたい…」

そう思いながら仕事をしていました。

 

あるとき突然体調を崩して休職することになりました。

理由はどうあれのんびりとした毎日を過ごすことが
いきなり叶ってしまったのです。

 

家で毎日ゆっくりとした生活をしていました。

休んでしばらくはとても穏やかな気持ちで
過ごしていました。

 

でも段々と退屈になり色々行動したくなりました。

「こんな刺激がない毎日なんて嫌だ…」

そう思うようになりました。

 

ゆっくりとのんびりした毎日が過ごしたいと思ったのは
本当に欲しかった訳ではなくてただ疲れていただけだったのです。

 

このように実は本当に欲しいものではないことを
本当に欲しいと思っている場合って結構あると思います。

 

お金がないからお金持ちになりたい!
男がいないから男が欲しい!

 

そんな願望ももしかしたら本当に欲しいものではない
かもしれません。

 

「あれ??これ本当に欲しかった訳ではなかったかも??」

 

そんな風に思ったら自分の理想を新しくするキッカケ
なのかもしれません。

 

自分が本当に欲しいものってなんだろう…
自分が本当にしたいものってなんだろう…

 

そんなことを時間をかけながら自分自身に問いかけ
続けてみてください。

そのうちに段々と自分の本当に欲しかったものは
これだというものに出会うでしょう。

 

この作業は1回で終わるとは限りません。

 

本当に欲しいものに出会っては違うと思い
また本当に欲しいと思ったものに出会っては違うと思う…

これを繰り返すことによって本当に正真正銘
自分の欲しいものに巡りあえると思います。

 

私も日々自分自身に問いかけ続けています。

 

あなたも1度じっくり考えてみませんか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。